2008年7月アーカイブ

懲りずに・・・

2008年7月29日

なべ.JPG

コア.JPG

 

懲りずにはじめました、ウエストシェイプ計画。

数ヶ月前に入隊したブートキャンプは早々に除隊し、今回コアリズムという腰ふりダンスを始めました。
お笑いタレントのくわばたおはらのくわばたりえが、2ヶ月でウエスト-20Cmを達成したという脅威のダンス

ちなみに杉本彩も推薦しています。
リズム感のない私はまったく付いていけないので、とりあえず今は初心者向け基本プログラムのみをやっています。いずれノリノリで踊れるようになるんだろうか・・・

 
なべ.JPG

そしてこの大鍋。
事務所の所長の奥さんに教わった(奥さんはお客様からおそわった)ダイエットスープなのです。
いろんな野菜のごった煮なのですが、食すると大汗をかき新陳代謝がよくなり、続けるとおなかもへこむとか。なんだかはまってしまって、いまのところ飽きずに食べています。ただ、材料が大量なので、平日の買い物ではなかなか材料を買い揃えられず、週に1回か2回しか作れないのが辛いところです。

 

 

 
 
 

金魚

2008年7月23日

五月のお祭で、息子が金魚をもらってきてしまいました。

2匹の金魚.jpgのサムネール画像のサムネール画像
金魚すくいは禁止していたのに、地元の町会が主催のお祭り広場だったので、最後に残った金魚をみんなに配っていて、16匹ももらって来たのですが、10匹はあっという間に他界し、6匹が残りました。

初めはお世話が面倒だと思っていましたが、生き物って見てるとほんとに面白いですね(*^_^*)11匹個性があって。中に、他の金魚にいちゃもんつけて歩くいや、泳ぐのがいて、特に弱い金魚をつっつくのが目に余り、別の器に出したんです。ちょっと唖然とした後すごく淋しそうにしていました。しばらくそのままにしておいたのですが、あまりに淋しそうなので、また戻してあげたらぴたりといちゃもんつけなくなったんです。やっぱり一人いや、1匹はいやなんですね。以来、6匹仲良く泳いでいます。
金魚.jpg
それにしても金魚って寝ているとき以外は常に「
えさくれ~」と言っているようです。すごい食欲で、2ヵ月でかなりメタボになってきました。二か月でこれでは今後どこまで大きくなることやら。また半年後位に経過をお知らせできたらと思います(^-^)v

私の一番大好きなイタリアンレストランは青山にあるAWキッチン フィリアです。

美容院へ行く前にかなりの頻度でお友達とランチしてます。デジカメで撮ってきたかったんですが、忘れちゃったんで携帯でとりました。画質が悪くてすみませーん。ba-nya.jpg

最初に必ず食べるのがバーニャカウダ。野菜スティックを温かいディップにつけて頂きます。AW系列はとっても野菜が美味しいんです。ここのバーニャカウダは今まで食べた中で一番だと思ってます。

 そして本日のパスタ。今回はパスタとニョッキを頼んで、友達とシェアしていただきました。

「クタクタブロッコリとからすみのニョッキ」と「トロトロめかじきとウイキョウのキターラ」です。

kutakuta.jpg

「くたくたブロッコリ・・・」は、ブロッコりが焦げたところが香ばしくてとっても美味しくて、からすみととってもマッチしてました。ブロッコリばっかり食べても飽きない感じでした。

torotoromekajiki.jpgのサムネール画像
さて次は「トロトロメカジキとウイキョウのキターラ」です。ウイキョウは玉ねぎみたいな野菜でとても美味しく、トロトロメカジキも名前どおりに美味しいでした。キターラはパスタの種類です。
 

  

最後はデザート。でかい。食べすぎました。美容院行く前に何キロ太ったかな。

ティラミスとコーンのパンナコッタかな?すみませんが名前を忘れました。コーンの味がたくさんして面白い味でしたよ。ビターなキャラメルアイスとの相性バッチリでした。

tirami-su.jpg

corn.jpg

店員さんたちもニコニコしていて感じがいいです。

表参道の駅からすぐそばですし、是非皆さん行ってみて

下さい!

 

 

 

 

質屋さん

2008年7月 9日

私の友達で、ものすごく洋服やバッグなどに詳しい女性がいます。仕事も少し前までは、セレクトショップのバッグ担当で、1年に何度もフランスやイタリアへ出張していました。

彼女に「こんな感じのこういうバッグを探してる」とメールを打っておくと、携帯に画像を送ってきてくれて「どこどこのデパートに売ってるけどお取り置きしておく?」などとメールが返ってくるような、頼りになるお洒落なお友達です。

彼女は少々?だいぶ?買物が好きで、フランスやイタリアに行った時、休憩が30分くらいしかないのに、狙っていたバッグを買いにショップへ走り買ってきてしまうそうです。なので彼女はいつもバッグをたくさん持っています。

バッグを買うお金がなくなると、前の仕事場の近くの質屋さんに行っては買い取ってもらったりしていたそうです。その質屋さんに行くと自分が売ったバッグがたくさん並んでいるから、自分の部屋みたいと言ってました。すごすぎます。。。

私は質屋さんを利用したことがないのですが、本やネットでは見たことがあります。

結構昔のイメージとは違って、綺麗な店構えだったりするから、女性が利用しやすくなってるんですよね。私も一度行ってみようかな。バブル時代に買ったロレックス買取ってくれるだろうか、偽物だったらショックだけど。

全米女子ゴルフ

2008年7月 1日

全米女子ゴルフ、終わりましたね。韓国人の新鋭が優勝したようですが、韓国人選手は本当に強い!日本のトーナメントでも日本人と韓国人が交互に優勝しているような状態ですものね。それはさておき、今回の大会は宮里藍、上田桃子、横峯さくらという日本の女子としては最強トリオ?と思われる選手が出場したので、女子プロ好きの私としては大いに期待していたのですが、この3人をもってしても上田桃子の13位?が最高で、誰も優勝争いに絡むこともなく、残念な結果でした。

ただ、今回の大会を観戦して思ったのですが、3人のうち最も上位に入った上田選手、あいかわらず態度がよくないですね。せっかく晴れの舞台でプレーしているのに、どうしてあんなに不機嫌なんでしょう?プレー後のインタビューでも、収穫は何もなかったとコメントしていたそうですし。そんなに楽しくないならゴルフなんか止めたらいいのにと思ってしまいます。プロなんだから、真剣勝負だから、そんなの関係ない、という意見もあるでしょう。でも、はたして本当にそうでしょうか?結果を出すことが全てだったら、プロスポーツ競技なんて成り立ちません。どんなにいいスコアで回っても、どんなにドライバーが飛んでも、小技が上手くても、それはただそれだけのこと。それだけでは世の中に一ミリも貢献しません。それを見て、応援しよう、楽しもう、というファンがいるから成り立つのです。賞金や広告料を直接払うのは確かにスポンサーでしょう。でも、スポンサーがなぜお金を出すのか?その理由を考えれば、プロスポーツという、世の中にあってもなくてもいい職業を誰が支えているのか、明確ですよね。今の女子プロの人気を作っているのは、一人ひとりの選手の実力や魅力はもちろんですが、ファンを大事にしようという協会の姿勢が実を結んでいるというのは周知の事実。たとえば、ファンにサインをするとき、大山志保選手などは、自分の成績が悪いときでも、一人ひとりのファンにありがとうございますと頭を下げながらするそうです。上田選手の場合、不機嫌そうに下を向きながら、ファンの激励に言葉も返さない、という話も聞きました。昨年のある大会で、プレーオフで敗れた相手選手に、目も合わさずに不貞腐れた表情で嫌々握手をしていたときも、かなり叩かれたようです。当然です。私もテレビを見ていて、激怒しましたので。誰か彼女に、どうして自分が高い賞金をもらっていい暮らしができるのか、教えてあげてください・・・