2009年1月アーカイブ

 年が明け早くも1ヶ月が過ぎようとしています。

本当に月日のたつのはあっという間で、毎月お客様と「次月の予定」を決めるたびに、「え?もう○月!?」と焦ってしまいます。

なんだか年を経るごとに時間の流れが速くなっているような。いやな感じです

 

 そんな愚痴はさておき、先日コーフンした出来事を紹介します。

 

 とある場所で夫とたらふく美味しいご飯を食べたあと、駅に向かって歩いていたら、前方に異様に頭の大きな生き物が見えました。

20090117210605[2].jpg

「あれはもしや?」   

なんとでっかい「コリラックマ」だったのです(こいつです)→  

 

ご存知でしょうか、「コリラックマ」

もともとは「リラックマ」というだららんとしたクマのキャラクターがあり、その妹分として登場したキャラクターです。

そしてなぜそんなにコーフンするかというと、我が家には兄キャラである「リラックマ」のぬいぐるみがおり、わが子のようにかわいがっているからなのです(・・・いい大人が寒い話ですが・・・)

 二人とも20090117210042[2].jpg少々飲んでいい具合に出来上がっていたので、大盛り上がりで写メを撮りまくりました。

そしてその後リラックマのUFOキャッチャーに500円を投資(1000円だったかも?)。全敗して帰ってきました。

コリラックマの広告戦略にまんまとやられちゃった感じですが、楽しかったのでよしとしましょう。

 

今度はリラックマに会いたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタボ金魚

2009年1月21日

5月に息子がお祭りでもらってきた金魚。6匹生き残った金魚たちは今も元気に泳いでいます。そして!!その頃のブログで予想したとおり、すごい勢いで成長し、完全にメタボです。面白いことに、全部が全部均等にメタボになるのではなく、強いものほどメタボっぷりがすごいのです。一番のメタボ小僧は強いけれどもちょっとおばかさん。えさの時間私が餌の袋をかさかさ開けているのを見るともう落着きを無くし、私に向って「えさ早くくれ~~!!」と口を大きく開けて右往左往します。でも、いつも金魚鉢の後方からえさをいれるのですが、正面の私の方に向かっているので、えさが落ちてくるのに気づくのがいつも一番最後になり、みんなが食べ始めたのを見て慌てて振り返ってみんなを押しのけて餌に食らいつくのです。他の金魚はえさが落ちてくるあたりを覚えていて、そちらで待機するのですが、そのメタボ小僧は何回やっても私に「餌くれ~」ということに夢中で、出遅れる・・・。でも、その後の巻き返しはすごく、誰よりもたくさん、飲むようにえさを食べています(苦笑)。一匹だけ、目が一番大きくてくりくりしているけれど、最初から口が少しつぶれているのがいて、やはり餌が食べにくいらしく、最初は2番目位に大きかったのに今は一番小さくなってしまったのを見ると、動物界の生存競争は容赦ないな~と思ってしまいます。それにしても、半年あまりでこのサイズ・・・、

このあとどうなってしまうのでしょう...。乞うご期待。

 

     平成20年5月の金魚たち               現在の金魚たち! 

金魚.jpg
025.JPGのサムネール画像
 

フンドーキン

2009年1月13日

お料理をめったにしない私が年明けからハマッているのがお味噌汁作り。

料理のうちには入らなーいという声が、ガンガン聞こえてきそうですが、私にとっては立派なお料理です!

年明けに主人と一緒に行った近所のスーパーで、何気なくお味噌売り場へ・・・そこで主人が「あ~フンドーキンだ。鹿児島は皆フンドーキンの味噌を使ってるんだよ」とやや興奮気味でしたので買ってみることにしました。白味噌の麦味噌で「九州そだち無添加麦」というものです。白味噌は私も好きなので早速その日にお味噌汁を作りました。それも「お節料理」で残った煮物でお味噌汁に合いそうなサトイモとかごぼうとか入れて作ってみました。なんだか料理している感じがして結構テンションもあがりました(単純なんで)。食べてみたらアラッびっくり。少し甘めでやさしいお味噌汁の出来上がり~。すごく美味しくできました。それ以来我が家としては記録的にお味噌汁が毎朝、毎晩出てくるという日々です。新婚の頃(10年前)ぶりの新記録です。主人も故郷の味が堪能できて嬉しそうです。メデタシメデタシ。

フンドーキン.jpg

 

あけましておめでとうございます。

とは言ってみたものの、今年の年明けはいつもの年のそれとは少し違う気がします。世界、そして日本の経済状況を考えると、「おめでたい」とはとても言えない状況ですからね。本日15日、多くの会社が仕事始めを迎えたと思いますが、経営者も労働者も、就職を目指す学生も、これからどれだけ大変なことになるのだろう?と疑心暗鬼の中でのスタートとなっているのではないでしょうか?

でも、私は今年、あえて悪い言葉、ネガティブな言葉は使わないようにしようと思います。マイナスな言葉を口にして状況がよくなるならいくらでもそうしますが、むしろ逆ですから。これからきっとよくなる、もっと幸せになると念じながら、日々を送っていきたいと思います。もちろん、逆風の中にある関与先様のお力になれるよう、今までに増して努力を続けてまいります。パート2人を合わせてもわずか5人の当事務所ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

huji.jpg

 

←←

我が家から見た元旦の富士山です