セルフレジ

2009年3月18日

我が家のそばには某大手スーパーがあるのですが、そのスーパーに最近セルフレジなるものが登場しました。

セルフレジとは、読んで字のごとく、「自分でするレジ」。要はお客さんが店員さんの役目もする、というものです。

そのスーパーには通常のレジのほかに、セルフレジが4台設置され、なかなかにぎわっています。利用方法は、所定の場所に買い物かごとレジ袋を置き、商品をひとつひとつPOSレジに通してバーコードを読み込ませ、袋に移しかえるだけ。商品をレジに通すたびに「きゅうり 68円」というふうに商品名と金額を機械が読み上げます。これが、昔子どもの頃に遊んだ「お買い物ごっこ」を髣髴とさせ、なんともいえない満足感が得られ、楽しいのです。

不思議なのは、このセルフレジ、利用しているのはほとんどが女性なのです。

そもそもスーパーというのは女性が多い場ではあるのですが、近頃は夜になると男性もかなりいらっしゃいます。でも、男性はふつうのレジに並ぶんですねえ。

そこで思うのは、女性は男性よりも好奇心旺盛、かつ、変化に強い生き物なのじゃないかということです。男性は決まりごとを変えるのが苦手な人が多い気がします。でもこれからの時代、なにごとも柔軟にいかなくては!変化を楽しむのは、ボケ防止にも良いと思うのですけど。

それにしてもおもしろいです、セルフレジ。みなさんも、みかけたらぜひやってみてください。はまりますよ、きっと。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。