2010年4月アーカイブ

私が通っているジムに、突如「酸素カプセル」がやってきました。あのハンカチ王子が甲子園の疲れをとる秘密兵器として使っていた、あれです。

やろうかなぁ?どうしようかな?と思いつつ説明の写真や文章を読んでいると、私が大好きな「若返る」とか「ダイエットにいい」とか大好物な文字が目に飛び込んできて、もうこうなったらやるしかないとなってしまったのです。4月中は1回につき3,000円もしないというから、なおさらですよね。

土曜日にジムへ行ったところ、いつものように「すいてる!貸切?」みたいな状態だったのでこれはチャンス!と思って申し込みました。もちろん何時からでもOKみたいな感じでした。

さて、いよいよ初体験!あんまり疲れてないけどカプセルから出てきたら、逆浦島太郎みたいにお肌プリプリで若返っちゃったりしていたらいいなぁと期待しつつ、カプセルイン!

酸素カプセルって中で寝て濃~~い酸素を吸ってればいいのかと思っていませんか?私はそう思っていたんです。楽ちんな若返り!なんて鷹をくくっていたら、大間違い!

中と外でインターホンを使って喋れるようになっていて、スタッフさんが空気圧をあげていくんです。ラッパみたいなところから、空気がワッセワッセと出てきます。頻繁に耳抜きをしないと耳がいたくなっちゃいます。なんだかダイビングの練習をしているみたいでした。閉所恐怖症の人鼻づまりの人単純に怖がりな人、主人のようにじっとしているのが苦手な人は駄目ですな。

ある程度、空気圧があがりきったら、そこで「ゆっくりお休み下さい」と言われます。耳抜きは出来ているけど寝れるかな?鼓膜やぶれないかしら?などと心配しているうちに寝ちゃいました。50分間カプセルに入っているのですが、最後の方で空気がバシっと音をたて出てこなくなります。その音が寝ていると結構大きくてビックリしてカプセルの中で起き上がりそうになりました。カプセル壊さなくてよかったです。空気がとまると、どんどん空気圧がさがり耳抜きしなくても耳がとおってきます。ちなみに空気がとまるっていっても空気が無くなるわけじゃないので普通の呼吸はできますよ!

50分がたちカプセルから出たんですけど、若返っていませんでした。何度もしないと駄目みたいです。どこが変わったかはわかりませんでしたが、家に帰ってきてご飯を食べたあと、まだ夜9時くらいだったのにぐっすりと夜中の1時くらいまで寝ちゃいました。酸素カプセルって疲れを出す装置だったのかも・・・。おかげで寝不足は解消しちゃいました。。。

試したくなったかな?