2012年10月アーカイブ

Jリーグのクラブとサポーター ~その1

少し時間が空いてしまい、おまけに前回は全く違う重いお話をしてしまったので久しぶりになりますが、またまたJリーグ談義にお付き合いを。


Jリーグが発足した当時は10チーム(これをオリジナル10、略してオリテンと言います)だったクラブ数も、いまはJ118チーム、J222チームあります。一つの県に二つクラブがある県などもあり、すっかり「おらが町のチーム」というコンセプトは定着したようです。

北は北海道のコンサドーレ札幌から、南は熊本県のロアッソ熊本まで。地域に県民性があるように、各クラブのサポーターにもそれぞれ特徴があります。今回は「私目線」の特徴を少しだけ。

 

ずは浦和レッドダイヤモンズ、通称レッズ。言わずと知れた埼玉の「ビッグクラブ」ですね~。(--)y-゜゜゜入場者数が毎回3万人を超える、日本では有数のクラブです。

レッズのサポーターは、良くも悪くも「熱い」。熱くなりすぎて「おイタ」もしばしば。最近は随分おとなしくなってきましたが、一昔前までは、選手バスを囲んだり相手チームのサポーターに因縁をつけたり生卵や発煙筒を投げつけたりピッチに乱入したり相手チームの選手に差別発言をしたり・・・まぁ「おイタ」の数や質でもある意味「ビッグクラブ」です()

でも、クラブの運命を賭けた試合の時などのサポートは、他サポながら感動することもあります。やはり埼玉スタジアムのコレオ(マスゲームのような人文字や絵のこと)は一見の価値がありますし、何よりJ2降格が決定したシーズンの最終戦における、数万人の「We are Reds!」コールは鳥肌もので、ウルウルでした・・・。

 

次はもう一つのビッククラブ、名古屋グランパス。昔は「名古屋グランパスエイト」ってクラブ名でしたが、J1での順位が中位(78位)時代が非常に長く、「ひょっとしてこれは、チーム名にエイトがついてるからじゃね?」と疑問に思ったフロントが大英断でクラブ名を変えました(本当かどうかは?でも他サポはみんなそう思ってる)。でもエンブレムにはまだ「エイト」って入ってるけどね~

DVC00041.JPG

名古屋はイメージ通りお金持ちです。なんつったって監督がピクシー。ウラヤマシー。そりゃそうだよね、「トヨタ」だもん。札びらでほっぺたひっぱたいて選手連れてくry・・・ピクシーが所属選手だった時代の監督はベンゲルでした。あのベンゲルですよ!?あなた。ベンゲルぅ~!!

えーと、グラサポの特徴は特に可もなく不可もなく。三河人らしいよね、ある意味。

ただ、「無駄に」素晴らしい豊田スタジアムは必見です。これがワールドカップのためでもなく、ほぼサッカーとラグビーのために作られたという事実は、ウラヤマシス。さすが世界のトヨタ(一応所有は豊田市で三セク。でもトヨタがお金出してるよね。っつかーか、豊田市の法人市民税の何割がトヨタ関連なんだよ・・・)

スタンドの勾配、ピッチとの距離感、照明、最寄駅からのアクセス・・・すべての要素を兼ね備えたこのスタジアムは、実に素晴らしい。一見の価値ありです。

 

延々とこんな話を続けたいところですが()、きりがないので今回の最後は柏レイソル。

言わずと知れた(?)昨年のJリーグ優勝チームです。J2から昇格したその年にJ1で優勝しちまいました(´・ω・‘)

毎年「うまいブラジル人」をチームの中心に据え、そのブラジル人に合わせてチーム作りするクラブで、3年前からネルシーニョ監督が指揮をとり、ボールを支配するいわゆる「ポゼッションサッカー」をスタイルとしていますね。

そして柏レイソルの最大の特徴は「コミックサポーター」(高垣家談)達です(笑)。このサポーターたちが実に面白い。

応援の中心は「太陽工務店」(「レイソル」というチーム名は「太陽王」という意味)という応援団で、試合の前に「空手バカ一代」を替え歌にした「柏バカ一代」を歌い、チャント(応援歌)はアニメの替え歌や昭和の懐メロ。セリエAやリーガエスパニョーラ、プレミアリーグにインスパイアされたチャントを歌うクラブが多い中、完全に一線を画した応援を行っています。

親会社の日立製作所への配慮も忘れず、CMで有名な「この木なんの木」もマメに歌います。その際には日立のロゴや「Wooo」(日立のテレビのブランド)と書かれたゲーフラ(ゲートフラッグ)を掲げたりもします。

ゴール裏の応援団の真ん中に、予想もつかない仕掛けをしたりもします。去年の開幕戦は、道路工事などに用いる、人が旗を振っている電光掲示板をゴール裏に置き「紹介します!旗振り君です!!レンタル料に17万円かかります!!」と言って、相手チームのサポーターをも爆笑の渦に巻き込みました(Jリーグのゴール裏は大旗を振るのが慣例なので)。一昔前には、ブリーフ1枚で応援する「ブリーフ隊」もいました。

と、柏のサポーターに関する内容だけでご飯3杯くらいいけそうな勢いなのですが、実は今、この太陽工務店は昨年の乱闘騒ぎにより活動自粛中です。活動を自粛して最初の試合で、柏に当時在籍していた選手をして「こんなの柏レイソルのホームじゃない」とまで言わしめた太陽工務店の応援。これは、他クラブのサポーターである私も羨ましく思ったほどです。サポーターはこんなこと言われたら、歓喜もの・・・。

Jリーグが始まって間もないころ、素行が悪く眉をひそめられていた柏サポーターも、最近は「芸に精進」して楽しいスタジアムを作ってくれていただけに、私的にはこの自粛は非常に残念な出来事でした。

 

・・・と、気がつけばまた長くなってしまいましたね。でもほら、スタジアムに行きたくなってきましたでしょ?

まだまだ逸話はつきないのでありんす。あーしゃべりたい。

to be continued・・・