2015年1月アーカイブ

はじめまして

2015年1月13日

昨年6月から井上税理士事務所のパート採用になりました佐藤雅子です。
娘が小5と小2になり、「そろそろ仕事したいな~」とインターネットで仕事検索していたら、
「1日2時間~週1日~OK」という、私にもできそう…と思わせる文言が!
子供が成長したとはいえ、まだまだ放っておけない年齢なので、時間の融通がききそう
だな。と思ったのが、申し込むきっかけになりました。

結婚を機に前の仕事を辞めてから仕事をするのは約11年ぶり。
長いブランクがありましたが、採用条件欄には「ブランクOK」とありました。
「おぉ、やっぱりここしかない!」と思い、エントリーボタンをポチっと。

それからすぐに由起さんからメールが来て、履歴書を送り面接をする事になりました。
事務所で所長夫妻と面接をしました。
眼力鋭い所長(まっすぐなそうな人だな。力強い。)と、ニコニコ微笑む由起さん(笑顔が優しい。癒される。)
と思いながら面接が進んでいき、「簿記の経験や経理の経験はありますか?」と聞かれました。
(∑(゚д゚; )ガーン や、やばい。。なーんも経験ないじゃん。)
そうなんです。税理士事務所にパートに申し込んだくせに、簿記の勉強したことがありませんでした。
今考えてもよく応募したな。と不思議ですが、なんか運命的なものを感じて「今エントリーボタンを押さなきゃ」と
思った事を思い出します。

「それが…全く経験ありません。こ、これから勉強します。頑張ります。(パソコン触るのは好きですよ|ω・*)コソット)」
頑張るの押し売りをし、やる気だけをアピールして面接は終わりました。

面接が終わってから、(そうだよね、経験者たくさん面接来てるよね…)と思いながらトボトボ家路に着きました。
でも、そうは言っても井上税理士事務所で仕事がしたい。どうしても。。
メールで「一緒に仕事させてください。」と送り、あとは採用の電話がかかってくるのを待ちました。

数日後所長から採用の電話がありました。
「やった!私働ける。」

何も経験のない私を採用してくれて所長夫妻に感謝です。
その分、採用してよかったと思われるようにがんばろう。

それから半年経ちました。
少しずつ岡田さんに教えてもらい、仕訳が分かり始めているこの頃です。
私が入力したものをチェックし、優しく教えていただけるのでありがたいです。
まだまだ無知ですが、ミスがなくなるように頑張っていきます。

現在、週3回短時間で働いています。
最初の募集要項の通り、時間を融通してもらえたり、年齢が近い女性の多い職場なので
話に花が咲いたり、お菓子を頂いたり、所長にビールを頂いたり♪
楽しく働かせてもらっています。
 

本年平成27年は戦後70年目の節目の年です。多くの尊い命が失われ、国土の多くが焦土と化した日本が、今日のような姿になることを、当時の人々は想像していたでしょうか?戦後19年となる昭和39年に生まれた私には先人たちの苦労を直接知ることはできませんが、平和で経済的にも繁栄した今の日本があるのはそんな先人たちの大変な努力があったからこそ。今の日本について何かと否定的な声が多い気がしますが、Mr.Childrenが歌っているように、今という時代は言うほど悪くない。平和だし民主的だし自由です。経済的な格差が大きいと言いますが、それは個々の努力の差による部分が大きいのでは?政治がだめとも言いますが、そもそも政治家にそれほど期待する方がおかしい。国民全員が満足する政治なんてありえないし、もしそうなったらそれこそ危険です。政治家は最小限、平和で民主的な国の形をしっかり守っていてくれれば十分。あとは自分たちでがんばればいいのです。戦後の奇跡の復興を支えたのは、政治家ではなく、自分と自分の家族をより豊かにするために必死に働いた名もない国民一人ひとりだったのでは?私たち国民は、政治家が暴走することがないか監視することはもちろん続けながら、自分の仕事をしっかりがんばりましょう!私たち井上俊彦税理士事務所は、そんなご自分の会社、事業を発展させるために必死にがんばっている経営者、個人事業主の力になれるよう、今年も全力でご支援させていただきます。そのために、事務所のスタッフ全員で、関与先様のご発展のためにできることを日々真剣に考え、税法をはじめとした知識の研鑽に励むことをお約束いたします。

 皆様一人ひとりにとって、実り多き素晴らしい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。本年も井上俊彦税理士事務所をどうぞよろしくお願いたします!

 

平成271月吉日

井上俊彦税理士事務所 井上俊彦