初めまして。昨年の9月に入社しました永住直樹です。

同じ9月に宮崎より家族(妻、息子(1歳))で引っ越してきました。

そんな私たちが最近感じていることは「富士山」を身近に感じることです。

富士山は日本を象徴する山ですが、宮崎に住んでいると「富士山」=「東京へ向かう飛行機(上りの座席は左窓側が人気です)の中から見るもの」という印象であり、見る機会はそんなにありません。

 ですが、東京に住んでいるとほぼ毎日富士山を眺めることができます。

先日、首都高速から見えた富士山は絶景でした。雪に覆われた富士山が奥にそびえており、手前には南アルプスの山々がはっきりと見え、運転しながらも見とれてしまいました。

そんな富士山には3年前に登っていますが、初登頂ということもあり、酸素の薄さから体力的にきつく、景色を楽しむ余裕がありませんでした。

次に挑戦するときは息子を背負い、景色を楽しみながら登りたいと思います。

 

富士山.JPG

 

※写真は富士山頂で雲の合間から一瞬みえた日の出を撮影したものです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。