2018年1月アーカイブ

 

あけましておめでとうございます。

平成30年が始まりました。私は平成という元号にまだ新鮮味を感じますが、もう30年近くたつと思うと驚きです。その平成の時代も来年まで。元号の終わりが決まっていること自体不思議な気もしますし、来年はラグビーのワールドカップ、再来年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが控えています。時代が変わっていく、社会が変わっていく、そんな予兆めいたものを強く感じます。実質賃金の引き上げもそろそろ近いのでは?長く続いたデフレもようやくトンネルの出口が見えてきたのでは?そんな明るい期待の一方、間違いなく少子化は進んでいくのでしょうし、いわゆる就職氷河期世代が高齢化して生活保護世帯が爆発的に増えるとの見方もあります。そんな社会にあって、中小企業の経営者にはますます難しいかじ取りが求められます。身も心も頭もタフでなければこんな難局はとうてい乗り切れません。経営者の皆様にあっては従業員の一歩上を行く鍛錬をしていただきたいですし、私たち井上俊彦税理士事務所としても今まで同様、今年もそんな中小企業の経営者のお力になれるよう、さらにその上の鍛錬を続ける所存です。私個人は今年54歳になります。体を鍛え、頭を鍛え、あらゆる点で昨年の自分を超えることを目標に、一年を過ごします。旧年中に増して井上俊彦税理士事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

平成3015

井上俊彦税理士事務所 井上俊彦