2019年4月アーカイブ

TOEIC

2019年4月 2日

先日挑戦したTOEICの結果が出ました。

目標750点でした。これから海外に赴任する人の目標とする目安が750点と聞いていましたし、私たち夫婦の英会話の先生、帰国子女のSAYAKAも、俊さんなら750点くらいきっと取れますよと言ってくれていましたので。実際、試験前日に模擬試験を受けてみたら760点でしたし、普通にいけば達成できると思っていました。試験を受けた実感としては、よくもなく悪くもなく、750点くらいは何とか取れたかなという感じ。ところが41日、昼過ぎにインターネットで結果を見たら、目を疑う結果が。Listening415Reading420Total835。我ながらびっくり仰天の好スコアだったのです。


参考までにネットで調べてみたら、この点数はTOEIC受験者の上位10%くらいの位置のようです。

なぜこんなに高い点が取れたのか?自分なりに分析してみると、こんな感じかと。


     普段から英語の勉強は続けていた


好きで続けているだけであまりがんばっている自覚もないのですが、NHKのラジオ英会話という番組をもう15年以上、欠かさず続けています。特に昨年から担当されている大西泰斗先生の説明が大変面白くてわかりやすく、英語という言語を使う上での発想法のようなものが少しずつ身についていた?試験の1か月前くらいに妻の親友のお勧めの参考書、問題集を買って時間を見て勉強したのもいい結果につながったと思います。


     ここ1年、月1ペースではあるがSAYAKAに英会話を習っていた


SAYAKAは当事務所のクライアント様のお嬢さんで生まれも育ちもニューヨークの帰国子女。見た目は純日本人ですが、日本語より英語の方が得意。ニューヨーカーらしい毒舌で私の英語をブラッシュアップしてもらっています。


     久しぶりの真剣なテストの雰囲気で集中力が極限に増し、普段以上の力が出た


  某有名予備校の教室での試験。税理士試験以来の真剣な雰囲気で私はすっかり高揚して、Listeningの時は聴覚が研ぎ澄まされ、Readingに移ってからは目と脳がフル回転。緊張しながらも心躍るような気持ちで2時間を楽しめました。


今回のことでわかったこと。何ごとも普段の努力と対策が肝心。

そして、何よりもその場の集中力。

これって、仕事でも同じですね。毎日の仕事でそれくらい集中したらと妻に言われましたが、

全くってその通り。もっと集中して仕事がんばります・・・

いでに、できれば次はゴルフでこれくらいいい結果を出したいものです。



sakura2.JPG