夏休み(*^-^*)

2019年9月 5日

北海道に行ってきました。

実は昨年も北海道旅行を予定していたのですが、出発当日にあの地震が発生して急遽中止に。ちょうど1年たち、再度北海道旅行を計画したわけです。

初日は昨年予約していて行けなかった「鮨・肴匠 くりや」さんへ。札幌の中心からは少し離れた住宅街にありました。北海道ならではの新鮮な魚介、大将の徹底した味へのこだわりに心底感動。カウンターだけ、それも最大8人のお店で完全予約制、しかも一回転のみという潔さにも脱帽でした。小食の私たち夫婦には終盤が少々苦しいものになりましたが、美味しかったので完食。必ずまた行きます。

2日目は苫小牧の樽前カントリークラブへ。以前プレイしたことがあり、その時の印象がとてもよかったので再訪となったわけですが、こちらは今回の旅行の唯一の失敗。コースのメンテナンスにコストをかけていないのか、フェアウェイの芝が伸び放題。ラフも伸び放題。(ラフは伸びていていいんですがね、それにもほどがあるだろうと言いたくなるレベルです)フェアウェイ真ん中に飛んだ妻のボールがいくら探しても見つからず、ロストになるという珍事まで発生しました。私はいつも目土袋を持って穴を埋めながらプレイするのですが、あまりにも穴が多くて途中でばからしくなってやめました。ハーフターンの茶屋では、お握りを頼もうとしたら梅一択。しかも一つしかないという有様。それで平日2サムとはいえ二人でほぼ4万円のお勘定。日本女子オープン開催という昔の金看板に胡坐をかいているのでしょう。天気がよかったのとかわいいキツネを見られたのでよしとしますが、ここにはもう行きません。

狐.jpg

3日目、小樽の青の洞窟を見るツアーに参加。出発の施設がとても清潔感があり、トイレもきれい。服が濡れないためのカッパや、携帯を入れるためのジップロックを配ったり、船上では船長が乗船客全員のスマホで撮影をするというサービスもあったりで心配りが完璧。海もきれい、風も気持ちいい、洞窟も青い、最高の体験でした。

青の洞窟.JPG







その後は旭山動物園へ。途中、ネットでとても評判のよかったカフェ「スヌス」で昼食を取ります。店内はおしゃれ、オーナー?らしき女性もバイトの女の子もきれいで笑顔が素敵、そして目当てのパンケーキはふわふわでかつふわふわ過ぎず最高に美味い!妻が最高の朝食として有名なビルズのパンケーキより美味いと断言していました。東京にあったら週一で通いたい。

パンケ.jpgのサムネール画像


旭山動物園は期待通りの楽しさ。ペンギンは愛らしく、手長猿の動きは内村航平の鉄棒をはるかにしのぎ、妻の大好きな猛禽類も間近で見られ、レッサーパンダは鉄板のかわいさ。9月の平日というのにかなりの人手なのも納得です。ただ、私は動物園自体が正直苦手。野生の動物を勝手に捕まえてきて織の中に閉じ込めて。エサはただでもらえるから楽だけど。私には動物たちが自分の運命を嘆いているように感じられて、かわいいよりかわいそうという気持ちが勝ってしまうのです。

最後は新千歳空港でジンギスカンを食べて北海道旅行は終わり。空港のレストランなのにとっても美味しくて満足でした。

旅を通じて感じたこと。

今はSNSの時代。あまりにもそれを重んじる風潮もどうかと思いますが、自分の知らないところでちゃんとがんばっている人を知ることができ、実際にそこに行ってお金を落とすことでその人を応援できる。そういう意味では、昔にはなかったいいツールですね。反対に、ちゃんとがんばっていない人にとっては致命傷にもなりかねませんが。

もちろん、自分はどうなのか?そこは常に自問自答しながら、クライアント様の利益、幸福の追求の手助けをするために何ができるか、努力を続けなければと誓った旅でした。







コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。