2019年12月アーカイブ

鹿児島つながり

2019年12月 5日

先日、お客様の社長と二人でと飲みました。新橋で。

特に店を決めていたわけではなく、ぶらぶら店を探していて見つけたのが「かご」。鹿児島料理の店です。何度か足を運んだこともあり、ここで飲むことに。

店に一歩足を踏み入れればそこはもう鹿児島。きびなご、さつま揚げ、黒豚のしゃぶしゃぶ、豚味噌など、鹿児島料理がメニューに並び、ずらりと揃ったボトルは当然芋焼酎。そして鹿児島弁と標準語が交互に行きかいます。私はもちろん鹿児島弁を話しますが、東京出身の社長さんには半分くらいは意味不明のご様子。時折標準語に「通訳」しながら、故郷の味を堪能しました。ちなみに、この店のご主人は鹿児島出身で元ヤクルトスワローズの選手だった上水流さんという方で、今でも高校野球やプロ野球の関係者が顔を出されるようです。

後日、今度は同郷の、かつ大学の同窓生との忘年会を浅草橋の「ふたみ食堂」で。ここは初めての訪問でした。私の高校の後輩で大学の同級生の弟の友達が開いたお店。もちろん鹿児島色満載です。ただし、一緒に働いている奥様は東京の方。(私と同じパターンです)店内では、ご主人と話すときは鹿児島弁、奥様には標準語、という私得意のバイリンガルな会話を楽しみました。こちらもとっても美味しい鹿児島料理が味わえます。

両店とも鹿児島県人はもちろん、そうでない方にも是非お勧めしたい名店です。ぜひご利用ください!

リース.jpg